日本鳩レース界のトップランナー 日本で伝説級の厩舎を台湾に紹介します。

日本の鳩レースの歴史は長く、1960年代から現在まで最高の競技種目として多くの人々を魅了しています。

以前は台湾信鴿協会と賽鴿協会と日本鳩レース界の交流は活発で、多くの日本の鳩が台湾に持ち込まれ活躍していました。

勢山、小松、南部、今西、亀錦といった日本の系統を継ぐ子孫達が今でも台湾の五還鳩レースで活躍しています。

その交流も2005年の鳥インフルエンザの発生から途絶え、現在台湾には日本のトップで活躍する鳩はほぼ輸入されていない状況にあります。

日本の鳩レースは、長距離・悪天候・山越え・海越えといったレース鳩にとって過酷なレース環境にあり、世界でも台湾の五還レースに近い過酷なレース条件をクリアできる鳩が活躍できる環境があります。

若鳩の700kmレースや海越え1000kmレースといった過酷なレースが行われています。

日本の鳩レース界で、現在最も活躍するトップ厩舎の鳩を「伝書鳩の厩舎」では紹介していきます。

日本の北海道から、東京、大阪、四国、九州、沖縄まで、日本全国の強豪厩舎に足を運び、台湾の五還レースで優勝できる可能性のある、日本の一流レース鳩を発掘しております。